室内飼育の猫にワクチンは無駄?ワクチン接種の重要性・頻度・費用についてご紹介します!

スポンサーリンク
寝転ぶ猫猫の病気

寝転ぶ猫

近年、猫のワクチン接種は全国の動物病院で推奨されています。

 

ワクチン接種を行うのは、感染症の予防や、

感染症にかかってしまったときに

症状が重症化しないようにする為です。

 

今回はそんなワクチンについて皆様の疑問について答えていきます!

室内飼育でも感染症にかかる

 

注射される猫

 

中には『うちの猫は室内飼育だからワクチンは不要なのでは?』と考える飼い主の方もいるのではないでしょうか。しかし、たとえ室内飼育の猫でも感染症にかかる可能性は0%ではありません。

 

代表的な感染症の例として

『猫風邪』『猫白血病』

という病気があります。

 

『猫風邪』には、

・猫白血病ウイルス感染症
・猫カリシウイルス感染症
・猫クラミジア

という病気があります。

 

猫風邪は猫同士の接触がなくても、感染した猫のくしゃみを浴びた人間が、家庭内にウイルスを持ち込んでしまい、健康な猫へうつす可能性があるのです。

 

また、『猫白血病』は感染している猫の唾液が原因で感染します。
室内で飼育をしていても、脱走や災害等で一時的に外へ出てしまい、感染した猫と喧嘩などが原因で感染してしまう恐れがあります。

 

室内飼育の猫でも絶対に大丈夫とは限らないのです。

ワクチン種類と予防できる病気

寝ている猫

 

ワクチンの種類と予防できる病気は次の通りです。

 

単体
ワクチン
3種混合
ワクチン
4種混合
ワクチン
5種混合
ワクチン
7種混合
ワクチン
猫エイズウイルス感染症
猫白血病ウイルス感染症
猫ウイルス性鼻管支炎
猫カリシウイルス感染症※3種
猫汎白血球減少症
猫白血病ウイルス感染症
猫クラミジア感染症

※猫カリシウイルス感染症には複数の型が存在しますが、

7種混合ワクチンはそのうちの3種類の型に効果が期待できます。

(3種~5種混合ワクチンの場合は1種類のみ)

 

猫ワクチンの種類は様々なタイプがあり、予防できる病気もワクチンの種類によって異なります。どの種類のワクチンが愛猫にとって適切なのか迷ったときは、かかりつけの獣医師に相談してから決めると良いでしょう。

 

もしも感染症にかかると、嘔吐・食欲不振・下痢・目やに・鼻汁など様々な症状が見られます。
病気は早期発見がなにより大切です。愛猫の様子がいつもと違うと感じたら、いち早くかかりつけの動物病院を受診しましょう。

ワクチンの費用

動物にかかるお金

最近はペット保険の会社も増えていますが、ワクチンの接種に保険は適用されません。


『高いな』と感じるかもしれませんが、ワクチン接種を行わず、感染症にかかってしまった場合も保険の対象外になることがほとんどです。

治療費を全額負担することになります。感染症の治療費はかなり高額になる為、それを予防できるワクチンにかかる費用は妥当な金額だと言えるでしょう。

 

単体ワクチン:3000~5000円
3種混合ワクチン:3000円~5000円
4種混合ワクチン:5000~6000円
5種混合ワクチン:6000円~7000円
7種混合ワクチン:7000円~8000円

ご紹介した料金はあくまで目安です。


動物病院によって金額は異なりますので、事前にきちんと確認しましょう。

ワクチン接種の回数

休む猫

 

人間の赤ちゃんは、母乳を飲むことで生後5~6か月まで免疫が体内で作られますが、

子猫は生後2か月を過ぎると母乳からの免疫がだんだん弱まってしまいます。

 

体力や免疫の弱い子猫や老猫は、感染症にかかると特に重篤化しやすので、感染症から命を守る為に、ワクチン接種を行うことをおすすめします。

 

ワクチンは一度接種したからと言って安心ではありません。ワクチンによる効果は段々弱まっていきます。その為、年に1回の追加接種を行いましょう。

 

ワクチン接種に回数は次の通りです。

母猫と過ごしていた子猫の場合

ワクチン接種は最初の1年に2回接種するのが一般的ですが、子猫の場合は月齢によっては1歳までに3回接種する場合もあるので、獣医師に確認しながら進めていきましょう。

 

生後8週(2か月)を目安に1回目を接種します。

2回目のワクチン接種は1回目から1か月後に接種し

その後は年に1度、追加接種を行います。

母猫と一緒ではなかった場合

保護猫や野良猫は、健康であれば1回目を早めに接種します。

 

2回目は1回目から1か月後に接種し

その後は年に1度、追加接種を行います。

成猫を飼う場合

成猫を迎える場合、健康体でこれまでワクチン接種をしていることがわかっていれば年に1度の接種で問題ありません。

 

野良猫を保護するなどした場合は子猫と同様に

1回目を接種してから1か月後に2回目を接種し

その後は年に1度追加接種を行います。

 

しかし、健康状態が不明の場合も多い為

必ず事前に血液検査などの健康診断を行ってワクチン接種に問題ないことを確認しておきましょう。

副作用はあるの?

人見知り猫

 

猫のワクチン接種の副作用はどのようなものがあるのか、注意点を含めて解説します。

猫に限らず、副作用のないワクチンというのはありません。

少なからずリスクはありますが、きちんと正しい知識をつけて、もしも接種後、猫に異変が出た場合は、慌てず獣医師に相談したり動物病院を受診するようにしてください。

 

アレルギー反応として最も緊急性の高い症状はアナフィラキシーショックです。

 

発症はワクチン接種後、数分から30分程度です。

症状としては、

嘔吐・痙攣・呼吸困難・血圧低下

があります。

アナフィラキシーショックは命に関わるので、早急に病院での処置が必要です。
症状が現れたらすぐに受診しましょう。

 

その他の症状として、

ワクチン接種後の74時間以内に、

顔が腫れる・嘔吐・下痢・食欲不振・発熱

などの症状がでることがあります。

この場合もなるべく早めに病院を受診しましょう。

 

中には副作用ではなく、病院へ行ったストレスで一時的に体調が悪くなったり、元気がなくなる場合もあります。

アレルギー反応なのか、そうでないのかは素人には判断が難しいため、心配なことがあれば病院で相談してください。

 

体調に異変があったとき、その日中に病院へ行けるように、
ワクチンは午前の早めの時間に接種することをおすすめします。

 

 

また、注射部位肉腫にも注意が必要です。

注射部位肉腫とは、ワクチン接種を行った部位にしこりができ、それがガン化してしまうことです。接種したあとにできたしこりが、1週間程度で引けば問題ありません

しかし、しこりがそのまま残ったり、大きくなるとガン化している可能性があります。

 

しこりが治らない場合は、患部を触ったり刺激したりせずに、早めに病院へ行きましょう。
早期発見できれば、外科手術で取り除くことができますが、再発しやすいので経過観察が必要です。

恐ろしい副作用ですが、注射部位肉腫の確率は0.01%とかなり低いです。

毎回、同じ場所に接種すると注射部位肉腫になりやすいと言われている為、接種部位には配慮が必要です。獣医師と相談しながら進めましょう。

 

ワクチン接種後に一度でも具合いが悪くなったことがあるという場合、次回の接種時期には獣医師に必ず伝えるようにしましょう。

まとめ

手を挙げる猫

 

感染症になる原因は様々なので、例え室内飼育でも感染症にかかるリスクは0%ではありません。

猫のワクチン接種は法律で定められているわけではありませんが、大切な猫の命を守る為に、健康体の猫であれば、接種することをおすすめします。副作用が起こることは稀ですが、

何かあったときにすぐに相談できる動物病院を探しておくのも大切なことです。

愛猫に合ったワクチン接種を行い、感染症から命を守ってあげましょう。

コメント