犬の目の病気は、この症状が出たら危険!食事を変えて愛犬を守ろう!

スポンサーリンク
サングラスをする犬犬の病気

サングラスをする犬

 

『愛犬の目の様子がおかしい!』

実はそれ、大きな病気の始まりかもしれません。

目の病気は、発症すると薬で治るものから手術が必要なものまで様々です。進行してしまうと、失明や命に関わる場合もあります。

しかし、犬の目の病気は、日頃のケアや食事管理によってそのリスクを最小限にすることができるのです。

歳をとっても愛犬が不自由なく過ごせるように、予防できる病気は日頃からきちんとした対策を心掛けましょう。

 

今回は犬の目の病気について詳しくまとめました。

 

犬の目の症状と病気

チワワ

 

こんな症状があるときは要注意!!考えられる病気とその危険性について解説していきます。

目やにが多い

ドライアイ

涙が少ないことや、瞼の形が原因で角膜が乾燥している状態です。
進行すると角膜腫瘍や失明の恐れがあります。

目が大きく出ているシーズーやパグなどが発症しやすいと言われています。

完全な予防は難しいですが、目の周りの毛をカットしたり、汚れこまめに拭き取るなど、常に清潔に保ってあげることが一番の予防法です。

犬ジステンバー

犬ジステンバーウイルスの感染によって発症します。

有効な治療薬はありませんが、ワクチンを接種していれば、感染しても軽度で済むことが多い病気です。

ワクチン未接種の犬や、免疫力の弱い子犬や老犬の場合、命を落としたり、回復後も失明や神経症状の後遺症が残ることがあります。

また、犬ジステンバーの初期に表れる目やにや鼻水は感染源になる為、多頭飼いは注意が必要です。

 

涙が流れている

流涙症

『涙やけ』とも言われ、涙が多く出ることで細菌が繁殖し、目の周りの皮膚や毛の色が変色します。

アレルギーやドッグフードに含まれる添加物が原因で引き起こすこともあり、食事の見直しで改善できることも多いです。

トイプードルやマルチーズが発症しやすいと言われています。

眼瞼内反症・眼瞼外反症

眼瞼内反症とは、
瞼が内側にめくれている状態のことで、めくれている瞼やまつげが刺激になってしまい、結膜炎や角膜炎を引き起こします。

痛みで涙の量も増え、長期間続くと角膜が色素沈着を起こし、結膜炎や角膜炎の治癒に時間がかかることもあります。

 

眼瞼外反症の場合は
重症になると下まつげがあっかんべーをしているような状態になり、眼瞼内反症と同じく、結膜炎や角膜炎を発症しやすくなります。

 

ブルドッグやセントバーナードが発症やすいと言われています。

予防は困難ですが、重症化させない為にも早めの受診が必要です。

 

充血している

結膜炎

結膜炎の原因は眼球の傷や、アレルギー、細菌感染など、様々です。

黒目の大きな犬は気づきにくいので、日頃の観察を怠らないように心がけましょう。

マルチーズやキャバリアが発症しやすいと言われています。

ブドウ膜炎

犬の眼球内の「虹彩」や「毛様体」のことをブドウ膜と言います。

ブドウ膜炎は他の眼病と併発することが多く、特に結膜炎や角膜炎は併発しやすいと言われています。

また、衝突など、目に強い衝撃を与えることもブドウ膜炎の原因になってしまいます。

ブドウ膜炎は、サモエドやゴールデンレトリーバーが発症しやすいと言われています。

 

目が白く濁っている

白内障

白内障は若年性から老年性、外傷によるものなど、原因は様々です。

目の水晶体が白く濁ることで周囲が見えづらくなり、進行すると失明してしまします。

白内障は多くの犬が発症しやすい病気です。

遺伝的要素もありますが、予防としては正しい食事と適切な運動を心掛けることが重要です。

角膜内皮ジストロフィー

角膜の細胞に問題が生じ、目が混濁していく病気です。

初期段階では一部だった混濁状態が、だんだん全体に広がり、最終的には両目とも白濁します。

ミニチュアダックスフンド、チワワ、フレンチブルドッグという特定犬種に多く見られる為、遺伝的要因が強いのではないかと言われています。

予防は難しいですが、早期に治療を受けることで、進行を遅らせることが可能です。

角膜腫瘍

犬同士のケンカやシャンプーなどの刺激による深い傷などで発症します。また、ドライアイやまつげや瞼の異常から併発する場合もあります。

そのままにしておくと炎症を起こし、視界が悪くなり、最悪の場合失明する可能性もあるので、すぐに受診が必要です。

 また、ストレスや免疫力が落ちることで発症することもあります。

シーズーやパグ、ブルドッグなど、目が大きく外傷を受けやすい犬種が発症しやすいと言われています。

 

目が開かない

角膜炎

角膜炎は目の表面を覆っている角膜が炎症を起こす状態のことです。

目をしょぼしょぼしたり、涙が増えます。痛みも伴う為、瞬きが増え、目をこする仕草も見られます。

目やにや汚れの放置、強い日差しが原因になることがあります。

チワワやヨークシャテリアが発症しやすいと言われています。

眼瞼炎

犬の瞼に炎症が起こる状態です。

虫刺されや外傷が原因になることが多いですが、ダニや真菌、結膜炎などからも発症することがあります。

は難しいですが、見た目の異常が分かりやすい為、気づいたらすぐに病院を受診することで重症は避けやすいです。

 

目が腫れている

緑内障 

眼圧が上がり、目が飛び出してくる病気です。

緑内障は激しい痛みを伴い、触られることを嫌がったり、視野が狭くなることで、頻繁に物にぶつかるようになります。

初期段階では目が赤くなることがあるので、早期発見ができるように異常があれば病院を受診しましょう。

柴犬、シーズー、ビーグルが発症しやすいと言われています。

できものがある

チェリーアイ

目の内側にある瞬膜という器官が飛び出す状態のことです。

チェリーアイは先天的な要因が強い為、予防は難しいとされています。

チワワ、ボストンテリアが発症しやすいと言われています。

マイボーム腺腫(ものもらい)

油分を分泌するマイボーム腺が炎症を起こし、まぶたが腫れて目が半開きになったり、涙が多くなることがあります。

目をこすって傷つけることで悪化し、角膜炎にも繋がります。

チワワ、トイプードルが発症しやすいと言われています。

目の病気の治療法は?

横になるに犬

 

犬の目の治療法は、

  • 内服
  • 軟膏
  • 手術など

病気によって様々です。

近年の動物医学はとても発展してきていますが、重症化して一度失った視力を回復させるのはとても困難なことです。

また、緑内障や白内障の手術の成功率はそれほど高くないのが現状です。なるべく重症化する前に治療を行ってあげましょう。

病院での治療は勿論ですが、家庭の中でも環境や食事ケアで改善できる病気もあります。飼い主として正しい治療や処置を行ってあげましょう。

 

予防や対策として飼い主ができること

大切な愛犬の為に、飼い主としてできることを考えていきましょう。

犬は言葉が話せません。私たち飼い主が、愛犬の日ごろのケアを行って、大切な目を守ってあげましょう。

紫外線から目を守る

サングラスをかける犬

紫外線を長く浴びることは目の健康にとってあまり良いことではありません。

しかし、犬は散歩が大好きで、生活には欠かせないものです。

散歩は紫外線の強い時間帯は避けるように心がけましょう。

また、犬用サングラスを愛用する犬も増えています。

見た目はおしゃれで、目も守れるという効果がある為、愛犬が嫌がらないようであれば試してみるのも良いかもしれません。

 

食事にサプリを加えてみる

日常の食生活に目の健康に良いサプリを加えてみるのも一つです。

例えば、犬の管理栄養士と共同開発して誕生した「アイズワンサプリは、
犬の白内障や涙やけ、結膜炎や角膜炎など眼のトラブル対策に開発されたものです。

ふりかけタイプのサプリなので、フードに混ぜるだけで良く、チキンのエキスが配合されている為、愛犬のフードの食いつき効果も期待できます。

初回限定で66%OFFのお得な定期コースが始められます。


わんちゃんライフ【アイズワン】

 

異常に気がついたらすぐに動物病院を受診する

処置されている犬

愛犬の目の異変に気づいたら、自己判断せずにすぐに病院を受診しましょう。

目の病気は一つの病気が他の眼病を併発してしまう可能があります。

そうなると治癒するまでの時間も長くなり、費用も多くかかる為、愛犬にとっても飼い主にとっても負担が大きくなってしまいます。

病気は早期発見、早期治療が一番です。

その為にも普段から相談しやすいかかりつけの動物病院を見つけておくことが大切です。

まとめ

眼鏡をかける犬と猫

 

犬の目の病気には沢山の種類とその治療法があります。

きちんと普段から愛犬とコミュニケーションをとっていれば、目の異変にはすぐに気がつけるでしょう。

予防ができない病気もありますが、日ごろの管理やケアを行うことで、症状の悪化や、病気のリスクを最小限にすることができます。

普段の生活や食事管理を見直し、愛犬の輝く目を末永く守ってあげましょう。

コメント